BLOG

すっかり春めいてまいりました。

みなさまはお花見を楽しまれましたか?


今日は西條ダンススタジオのパーティのご案内です。

アマチュアデモンストレーションもあり前回同様盛り上がると思います♪

未成年者は保護者も含め無料です!!

管理人は先約があり残念ながら参加できませんが、お勧めします。



さて、今日は前から気になってたトピックについて考えてみました。


「男性に踊らせてもらうのではなく、女性も自分で踊るように。」

「男女はフィフティ・フィフティ」


これ、レッスンでよく先生に言われます。


男性の先生は生徒と踊る時、上手にリードできます。

女性の先生も生徒と踊る時、上手にフォローできます。


パーティでホールドのきつい男性や、ブンブン振り回す男性に当たったとき、辛い思いをした経験ありませんか?


踊っている間は相手の苦手な部分にどーしても神経が集中してしまうことがあります。

でもこれ気にしていたら上手にフォローできなくなるんですよね汗

なんでだろ、苦手意識がバレてる?笑


そんな時は相手を変えることはムリなので自分の身の振り方を考えて、心の葛藤を乗り越えるみたいなことをすると、相手うんぬんとかどうでもよくなって結局いい感じで踊れたりします。

また男性も管理人の踊りの変化に気づいてくれたりする不思議。

「いつもと違って大人しいやん、踊りやすなったわ」とか言われたりするの。

かなり抵抗してたんやろなぁって今は思う、ハハハ。


まぁ、女性も背中が固かったり、動かなくてイライラさせたり、心地悪い思いをさせていることがあると思うのでお互い様ですね(^^;


でも先生や上手な男性と踊るとかなり助けてくれるので依存してしまうんだなぁ笑

早く本当の自立しなくっちゃです!



ここ数ヶ月、ブルーな管理人です。

早くココロ元気になりたい、ハァ〜〜〜。


ということで気分転換に先日サークルメンバーと住吉区にある

「社交ダンスホール ベーシック」に初めて行ってきました。


ここは現役の学連ボーイズ達が年中無休で踊ってくれる場所です。


今まで若い男性と踊るのは苦手だったのですが

行ってみるとみんな礼儀正しく

一曲終わるたびに大きな声で

「ありがとうございます!!」って言ってくれます♡


そして手を抜かずに本気で踊ってくれます。


なんかこうシンデレラ気分味わいましたよ♡

またお友達を誘っていってみよっと♪



さて、

今日のレッスンではいつもですが超ベーシックを習いました!


管理人はこれを習いたいがために先生のサークルに居座っているのです笑

だってこんな大切なことを教えてくれる先生はそういませんから。

シンプルに真っ直ぐ立つことって美しいけどその道は長〜いのです。


身体の使い方も多分大事だと思うけど、それ以前の身体の基礎を作ることの方がもっと大事だと思います!


ということで2ヶ月目のルンバ 

リード&フォローの練習

相手と向かい合って肩幅に足を開き手を繋いで相手の移動を感じて動く


サイドステップはお尻をふらない、上体まっすぐ

クカラチャは体重がのってない方の骨盤を上げるとか理屈はいっぱいあるけど

そんなのはあと!

まだインナーマッスルがないのでできないみたいです汗

上手な人のをマネしてもそれは動かしかたが全然違いますから…


まずはまっすぐにウォークできるように練習すること


スタンダードは今月からタンゴ


一歩一歩のフットワークを細かく教えてくれました。


混んでいるパーティでは相手のステップも立ち位置も色々

なので、一小節毎にきちんとステップを覚えることが大切です。



この一年あちこちのパーティで他流試合をしてきた管理人

色んな男性に出逢いました

踊って楽しい♡男性の特徴は


・ 礼儀正しい

・ 優しく包み込んでくれる感じ

・身体が柔らかい

・ 軸がある

・ こちらの体重移動を感じてくれる

・ ボディ全体で運んでくれる


管理人も男性からもっとずっと一緒に踊って欲しいと思われる女性を目指します!!

レッスンがんばるぞー

昨日のレッスン。

ラテンはルンバのスリースリーズを教えてもらいました。

回転が難しい…汗

右に半回転、左に一回転、少し斜めに一歩下がってまた回転、回転だらけ。

回転のたびにフラつきまくりでしたが、

これ姿勢をまっすぐにして軸が曲がらないように垂直に立つことがポイントです。


とにかく姿勢。


またどのステップでも必ず一歩ずつ体重を片足にのせていくことも大事です。

これもいつも教わっていますが、なかなか奥が深いです…

リードがきても体重にのってなければ自分で方向転換してたりってよくあります笑


スタンダードではスローフォックストロット。


大切なことは男女とも音楽リズムをしっかりと感じること。
お互いのボディが中心になってリード&フォローすること。


言葉にすると簡単ですね…意識しなければできません!


フォーラウェイピボットで男性は右足に体重を移すときヒール側に体重があると女性は右足前進になりアウトサイドに行ってしまうため、トー側に体重をのせることで自然と女性は右足が後ろにかかりピボットできます。


これ、先生にリードして踊ってもらうと安定して立つことができ次のステップもスムーズにフォローできます♡


レッスンやパーティでは色んな男性と踊るわけですから音楽リズムを感じて、相手のボディに向け続けフォローすることで誰とでも楽しく踊ることが可能になります。

だって男性に丁寧に踊ってもらったりボディをしっかり与えてもらったりすると「気遣い、思いやりあるわー」って感じますからお互いさまですもんね。




昨日は西條ダンススタジオのスプリングパーティに参加してきました♪

いやぁ〜楽しかった楽しかった♡


若手りぼんさん(ホントはアテンダントなんだそう)が3人。

管理人のお気に入りさんがいたので幸せでした♡♡♡オトコマエに弱い管理人笑

先生も他のサークルの方もたくさん誘ってくださいましたよ。


ダンスタイムやふれあいも長く、足自慢、景品、そして先生の作ったおいしいおでん!!

おかわりしてしまいました。。

アマチュアジュニア、プロデモと内容が盛りだくさんすぎて大大大満足です☆☆☆


なんで普段真面目にレッスン受けてるかって、そりゃもうパーティで楽しく踊るためです笑

普段何度も反復練習して身体に覚えこませておき、本番のパーティでは何も考えず。

ただただ男性の気持ちにどこまで寄り添えるか、隙あらば自己表現しちゃうぞって感じ。

リビングでシャドーしてる変なお母さんですがこれからも続けます。。

うん、やっぱり今年もパーティ三昧になりそうな予感♡

2月3日(日)12:30〜16:00

柏原リビエールホールにて西條ダンススタジオ2019スプリングパーティが催されます。

今回はJDSFアマチュアジュニアファイナリストのデモンストレーションがあります!!

もちろんいつものようにプロデモあり、リボンさんも来てくれます♡

それでチケットは3,000円と良心的☆

そしてなんと未成年者は無料!!!

娘も誘ってみましたが残念ながらテスト期間中ということで管理人はクラブメンバーと参加します。


先にチケット購入された方には軽食がつきます。

ご希望のかたはご連絡お待ちしております。

また西條シェフが作るおでんも用意してくださるそうです!

今回のパーティもかなり盛り上がりそうで期待大ですね ↑ ↑ ↑



クラブに体験や遊びに来て頂いていただいた方々、昨年中はありがとうございました。

今年もより一層楽しく実りのあるダンスライフを、みなさんと共に過ごしていけたら良いなと思います!

どうぞよろしくお願い致します。


年始は1月7日よりスタートです!

久々のレッスンでは、いつものようにウォークの練習から…

ラテンウォークではお尻を締めることで軸がぶれにくくなる

それで上体をこれでもかっていうくらい引き上げつつできればグラつかずにウォークできるのかな。


スタンダードではホールドした時に股関節を前に出すということ。

上級者をみると美しく反っているようにみえますが、これ決して上体を後ろにしているわけではないみたいです。

そんなに後ろに反りたければ股関節を前にだして上体は前にすることで外側からみると美しいシェイプになるのだとは思うのですが、なかなか…汗


またお互いの右ボディを重ねるということもレッスンでは何度も習っています。


これってとても大事なポイントで


パーティーで初めての人と踊る場合、相手の姿勢が良ければくっつける事ができますが真っ直ぐ立っている人などそうそういないのが現実…

そうなるとボディをつけるのは難しいです。


管理人は男性のリードがちょっとしかなくても、分かったらここかなって思うポジションに身体を動かして相手のボディに対してフォローします。そしたら伝わってるような気がするのです笑


説明ってホントに難しいし合ってるかも分かりませんが、

とりあえず社交ダンスは一に姿勢、音楽、カップリングが大切ということに間違いはございません!

その意味を深く理解して実践することで本当の社交ダンスの楽しさが分かるし、踊りを通して心が豊かになるのだと思います。


こんなに楽しい社交ダンス。なんで、若い人たちが始めないのでしょう笑

先生方には本当の社交ダンスをみんなにキチッと教えてほしい!

だってパーティで知らない人に独りよがりなルーティンで踊られて振り回されて独りぼっち気分を味わったり、足型をまずは覚えてって言われるのザラなんです。

そんな人に限って「あんたとは合わんわぁ!!」って言って立ち去られる…泣

「なんで笑?」ってボディで踊ることを西條先生に教わってる管理人は心の中で泣きながら思うワケです。


でも、めげずに今年もたくさんの人と心通わせるダンスを目指していきたいです!

早いもので今年も残すところあと少し。年末にかけて忙しくなりますね…

当クラブも12月17日が最終レッスンとなります。


昨日はスタンダード、ラテン複合でいろんなステップを踏みました♪

たまたまスリーアレマーナをメンバーさんが撮ってくれたのでアップします↑↑↑

こうして見るとイケてないのが丸わかりで、まだまだ上体でムーブメントがつくれていません汗

男性とのリード&フォローや身体のひっかかり具合も少しづつ感じるように意識しています。

昨日も先生は姿勢と音楽についてお話してくださいましたが、一番の近道は姿勢を良くすること!

こんな簡単なことなんですけど、なかなか日常で実行するのは難しいのです汗

大変だけどガンバロー☆


今月からジャイブ♪

最近パーティでジャイブやベーニーズワルツを誘われるようになり、なんとかベーシックステップだけでもキメたいと思ってました笑


歴史的には先にジャイブができてジルバもうまれたようです。


ピョンピョンと飛び跳ねてしまいそうですが、頭はそのまま並行を保ち身体を動かします。

ノリノリでとっても楽しいジャイブ♪

分からないなりにスイングかけて踊ってみました。


でも音楽をしっかり聴かないと踊れません!!

姿勢はもちろん、カウントと音楽が大切です。


「足型に必死で音楽なんて聴いてられないーーー!」

っていう方は


音楽を聴きながら自分の身体を使って口でカウントをとったり、手で足を叩いてカウントをとる


という面倒なことを普段の生活で続けてみてください。


これは管理人が先生からずいぶん前に教わったことで、音楽を聴くということの意味がその時は分からなかったのですが、素直に毎日これを続けることで不思議と音楽が身体にしみ込んでいきました。

五感を使うことによって脳に指令がいくのかな笑


この練習と姿勢の意識を普段からするとダンスを踊ることが意外と難しくなくなりましたよ。


複雑なステップを踏みたい気持ちすごくわかります

ベーシックへのこだわりは絶対の管理人

地道な努力は実を結びます

みなさんの社交ダンスライフがとてもハッピーに満ちあふれたものとなりますように♡

久々の更新です。職場で退職者や異動、環境の変化、システムの全面変更などがあってスタッフ一同ピリピリしています…早く落ち着いた日常を取り戻したい。

でも気分転換にパーティ通いは続けています♪


さて、昨日の団体レッスンではワルツでレフトホイスクからセイムフットランジ、フリックキックと繋げていきますが、これ難しい!

ついつい出来ない事を男性のせいにしてしまいがちですが先生曰くこのリードは簡単には獲得できないそう。


リードと言えば

シャッセ→カーブドフェザーは

シャッセ→ナチュラルターンかも知れないワケです。

だから女性は音楽を聴きリズムをとることが大切で、男性に合わせずに勝手に動いたり足型だけを追ってしまうと、そのリードを諦めざるを得なくなります。

お互いの音楽のとりかたが違うとバラバラになっちゃうもんね。

とりあえず、分からなくても足をだして動かないと男性に負担がかかります。


また社交ダンスは上体が大切で、上半身で表現をするとのこと。

相手の骨盤を感じ続けながら上半身の動きを作りだす…ような感じの説明だったかな?

上半身がどのように動いているのかを意識してステップすると下半身に伝わり自然に足も動いてしまいます。

で、2人の音楽性がピッタリ合ったり、心が通じたりすると最高に楽しいパフォーマンスになったりします。

それが十人いれば十通りの踊りであり、それぞれのお相手の個性や魅力があってだから社交ダンスは楽しいのです♡


で、今日は初めて中之島中央公会堂のパーティに参加してきました。

豪華な会場で競技選手やリポンさん、チャーターされてる人、いっぱいいました!

何人か上手な男性が交互に誘ってくれたりで楽しく踊れました♡

どうしても踊りたかった男性にお願いして一曲踊ってもらったりしましたよ。

ふと管理人から誘う男性について思い返すと西條先生の踊りに似た人を選んでいる気がする笑

真っ直ぐに立ち、シンプルに一歩一歩が洗練されててムダに身体をしならせたりしない男性がスキ!!

でもそれとは逆に肉質が柔らかくてボディのコネクションがポワワ〜ンと気持ちよい男性に浮気したりもします。頑張って踊ったー!って気になれるんです。


うーーーん、どちらの男性も捨てがたい笑


と、いうことでビリーにつづくお気に入りは中央公会堂です!

お勧めです。また行きます♪


参加してきました♪

デモに出演されたアマチュアの方々、プロの諸先生方お疲れさまでございました。

JDSF-PD西部スタンダードファイナリスト喜多田&細田組のデモンストレーションは圧巻でした!

細田先生かわいい!!!かわいすぎる!!!お人形かとおもっちゃいました…

ダンスタイムは3回もあり、たくさんの若者に踊ってもらいました♡

そしてなんと管理人はジルバ大会で勝ち残り、グレースのお店の商品券¥6000ゲットしました!!

ステキな衣装買おっと♪

楽しかった余韻を残しながら今からメルパルク京都のパーティへいってみよーと思います。

昨日の団体レッスン

いつものようにウォークからスタート

インサイドエッジで骨盤を前に胸を少し上に向け気味にしてウォークします

今月から入会した新しい仲間も笑顔で頑張ってくれてます♪

なかなか踊るセンスありの女性です♡


女の子が先生のかける曲を気に入ってたので曲名を聞いたんだけど

そこから音楽をしっかり聞くというレクチャーになり・・

先生の口頭と管理人を使ってリズムのとり方を説明されます

これ、結構重要で。


ラテンもスタンダードも体重がのった足でリズムをとる。


管理人は前から不思議で仕方がありませんでした

踊り出す時にステップもたくさん知ってる経験の長い男性が遅れてステップを踏むことが・・

遅れる男性だと確実に音楽に全然合わなくなります汗

仕方なく少しずつ音楽に合うように微調整します


でもこれはよくあることで

音がしっかりとれていなかったり

カウントがあやふやだと管理人もやらかすことあります


管理人は先生の説明を上手に文章化できないので解釈は少し違うかも知れません

なので以下管理人の考えです

体重がのった時にすでに遅れているためにムービングフットができず動きがとまっているような感じ

これって足型で単純に音をとっていたらいつまでも直せないのでは・・

送り足で開脚して次の足に体重をのせる間は中間バランスになっていますよね

例えばワルツならその時間は予備足であればまだ2のカウントとリズムだと思う(多分)

3、1、2、3って見たまま足型で踏むと結果になってしまいます

それが完成形じゃないからね

ステップに次々と重心を移動させていくことが大切だと思います

それってステップにリズムが合うことに繋がるので

送り足で次の足にのった時にリズムをとるようにってことだと・・

音楽リズムは相手とその都度つくり出すものであって

足型にあてはめるようでは遅れるのでちょっとねってことです

とにかく音楽をしっかり聞く!

そのためには音楽をスキになる


説明って本当に難しい汗

先生いつも丁寧に教えてくれてるなぁ・・

それに毎回ひとりひとりと踊り適切なアドバイスをされます

多分そんなサークルはそうないでしょう


管理人はなかなか左骨盤と脇腹のクセが直りませんが優しく丁寧に身体で教えてくれます

肩も最近上がってるの気にして何とか修正中

これクリアできたら最高だろうなぁ

教えられた正しい運動を意識して行うことが大事です!










パソドブレは男性が主役となってマタドール(闘牛士)に、女性はケーブや闘牛になって踊ります。

しかしこの動画を観た管理人の息子は「きれい〜〜〜!!」とユリアさまのことを絶賛しておりました。

本当は男性が目立つはずなんですけど・・汗


競技会では必ず踊る種目ですがパーティではあまりかかることはありません。

サークルなどでも習う機会は少ないかもです。


ウォークの練習では骨盤を前にだして下肢は力強くつき進むイメージとのこと。

シックスティーンでは男性から離れず真っ直ぐに歩くこと。

これ男性がよけてくれないと真っ直ぐ歩けなくて結局気を使って左にそれてしまいます。


基本的なことを覚えることで精一杯で一歩一歩のシェイプのこととかは考えられない状況ですが少しずつ踊り慣れていこうとおもいます。


スタンダードは2ヶ月目のクイックステップ

ワルツ、タンゴ、スローフォックストロットをマスターしなければクイックは難しいようです。

テンポも早いし跳んだり跳ねたりを楽しそうにしなければなりません。

それも頭は静かにして跳ばなければならないのでそう簡単にはマスターできません!

管理人も数年後には「クイックが一番好き♡」なんて言ってみたいもんです笑


ということでお気に入りのクイックの動画

華やかで楽しそうです♪